評価の高い小論文を書きたい人は力を身につけよう

小論文を書く時に必要な力

学生

読解力をつける

読解力とは、テーマとする内容をしっかりと理解することができるかどうかということです。テーマに関する内容の本を読んで調べても、読解力がなければ正しい情報を認識することはできません。そのため、本を読んで作者が何を伝えたいのか論点を把握しまとめる事が大切です。

構成力

実際に本を読んで、作者の伝えたいことや論点を理解することができても文章の構成能力が無ければ小論文で自分の伝えたいことを伝えることはできません。評価の高い小論文を書くためには、テーマ内の問題やその問題を解決するための自分の意見を明確にし、その解決方法を導きだすための文章を考え構成する力が大切になります。

文章力

文章を書くことは、小論文を書くとき以外にも大切です。自分は何を伝えたいのか、どうしてそう思ったのか、どんな方法で解決することができるのか、こういった事をしっかりと相手に伝わるように書くためにも文書力は大切な事といえるでしょう。文章力が高ければ、小論文だけではなく作文や手紙などにも活用することができます。

創造力

文章構成やテーマを理解するときに欠かせないのが、創造力です。実際に自分の頭で創造することで、問題点や解決方法、それをまとめる文章作成や文章構成をすることができると言われているからです。評価の高い小論文を書きたいと思っている人は、創造力を養うために沢山の本を読んでみてください。本の内容をイメージしながら読むことで、創造力を鍛えることができると言われています。

作成時のポイントを知る

気になる部分はメモに残す

テーマとする本を読んで直ぐに原稿用紙に書いてしまうと、伝えたいことを伝えることができなかったり、文章構成がメチャクチャになってしまったりしてしまう可能性があります。そのため、原稿用紙に書く前に気になる部分をメモに残し頭の中を整理するようにしましょう。

基本構成を確認する

あまり書きなれないという人は、基本的な構成の形をしっかりと確認しておきましょう。評価の高い小論文を書くためには、基本的な構成に沿ってかくことが大切です。基本構成は序論で自分の論点や意見と述べ、本論で意見の理由を書き、結論でもう一度自分の意見を書いていきます。

主張力をアピールする書き方

主張力をアピールしたい人は、自分の意見を中心に小論文を書いていきます。この作成方法は、序論と結論で自分の意見を述べて、本論で理由などを伝えています。そうすることで、小論文を書いた人が何を伝えたいのか相手にアピールしやすくなるのです。

思考力をアピールする書き方

思考力をアピールしたい人は、小論文を書くとき、最初の出だしで資料を参考にした現状分析について述べ、次に問題となる点を伝え、最後に問題を解決するための方法などを書いてみましょう。思考の過程を小論文で表現することで上手にアピールすることができます。

読解力をアピールする書き方

読解力をアピールしたい人は、序論で参考にした資料の要約を述べ、本論で資料を参考に自分なりに分析したことや理由を述べます。結論では、序論と本論を踏まえたうえでの自分の意見を述べるという書き方をしてみてください。問題からずれることなく、自分の意見を伝えることができます。

広告募集中